藤川球児オフィシャルウェブサイト
メッセージ
<<サイトスタッフからのお知らせ>>
藤川球児オフィシャルウェブサイトをいつもご覧いただきありがとうございます。なんと!藤川選手のテーマソングを歌っているLINDBERG(リンドバーグ)の
渡瀬マキさんより、ファンのみなさまへ
メッセージをいただきました。
渡瀬さんは本日初めて甲子園で試合観戦されます。


こんにちわ。渡瀬です。
この歌は11年前にいただいた歌ですが、まさか11年後に
藤川選手という素晴らしい選手のテーマソングとして
みなさんに聞いてもらえるとは想像もしていませんでした。
藤川さんにお会いして、この曲に対する深い理解と熱い想いを
直接聞いて、感激しました。
マウンドに立つ藤川さんの姿を私も応援していますので、
優勝に向けて、みんな一丸となっていこうぜ!ベイベー☆

渡瀬マキ


2007.08.28 Tuesday  固定リンク  trackbacks(17)

今日は僕の話ではないんですけど、最近見たあるテレビ番組についてお話ししたいと思います。「ザ・ノンフィクション」という番組の「負けんじゃねぇ〜神田高校に起こった奇跡〜」というドキュメントです。覚えてる中でここで紹介します。

神奈川県にある神田高校は勉強はあまりよくなくて、荒れた生徒もいる学校で、そしてこの学校の野球部は公式戦で10年間勝ったことがない「弱小」野球部です。部員も少なく一時は3人しかいなかったこの野球部に6年前新しい監督が来ました。野球がもう一度やりたくて、サラリーマンをやめて教師になった松山監督です。熱血指導をしますが、部員不足や、やる気のない雰囲気は変わらず就任してからも勝ち星をあげることはできませんでした。
このチームのエースピッチャーは生まれつき右手首から先が無い田中選手、キャッチャーは双子のお兄さんというバッテリーです。しかし2006年夏の大会前の練習試合でもふがいない結果に終わって、田中選手は監督から大会での控えを通告されます。
そして神奈川県大会1回戦、神田高校は2年生の先発で迎えます。相手に4点をリードされた後3点を返しますがそのまま8回裏。しかもさらに1点追加され3対5となり9回表の攻撃も2者連続三振で2アウト。監督は最後の打者と決めていた佐藤選手を代打に出します。彼は3年生ですが初出場初打席でした。体も小さくて「好き」というだけで野球を続けてきた補欠選手で、でも出場機会がなくても3年間毎晩素振りを続けてきた選手です。その選手が初球レフト前ヒット。これに相手が動揺したのかそこからヒット、四球で満塁にして、次のバッターが3塁打を打って6対5となんと逆転します。そして9回裏は途中から登板したエースの田中選手が抑えて、神田高校野球部はとうとう初勝利を果たします。

実は選手にとってはどうしても勝たなきゃいけない理由がありました。ふがいない負け方をした大会前の練習試合の後、松山監督がミーティングでこの夏の大会が自分にとって最後になることを伝えていました。学校を去ることを泣きながら話して、最後に選手たちに「負けんじゃねぇ!」そう言いました。監督のこのひと言が勝つことに必死になれなかった選手たちを変えて、その日から選手全員が大会まで必死に夜間の自主練習をやっていたそうです。

僕はオールスター明けにたまたまこの番組を名古屋で見たんですが、とても感動しました。野球が好きな人には絶対見て欲しい番組だと思いました。ここを見てくれている人にも見た方はいるでしょうか。再放送とかがあるのか分かりませんが、もしも見る機会があればぜひ見てもらいたいと思います。とても印象的な番組だったので紹介しました。

2007.08.20 Monday  固定リンク  trackbacks(11)

先日、骨髄バンク登録をしたことを書きましたが僕の登録を知って、興味を持ったと言ってくれた方がたくさんいてうれしいです。
登録は、三ノ宮のミント神戸というところでやりました。事前に説明を受けて、手続きの用紙に記入をした後、個室で少し待って、そして採血を受けました。登録なので採る血液は少量ですぐに終わりました。登録場所によって違いがあるかもしれませんが、たぶん20〜40分もあれば手続きからすべてできるんじゃないかと思います。難しくはなかったです。
自分が誰かの役に立てる、ということを実感することってなかなかないので登録をしたことで自分が役に立てるかもしれないと思うと帰り道もなんとなく胸を張って歩けるような気がしました。

それともうひとつ。29日の横浜戦の試合前に始球式に参加しました。
と言っても投げたのは僕ではなく虎太郎(こたろう)くんという8歳の少年です。
虎太郎くんは白血病を骨髄移植によって克服してこの日甲子園のマウンドに立ちました。そして僕はキャッチャー役で彼のボールを受けました。

骨髄移植で元気になった虎太郎くんと会ってドナー登録の意味も改めて実感しました。同時に自分に合うドナーが見つからずに苦しんでいる人がたくさんいることを考えると少しでも多くのドナー登録が必要だということも強く思いました。
満員のお客さんの中でそれを伝えたいと思った気持ちを実現してくれた球団にも感謝したいし、緊張しながらも一生懸命投げてくれて、僕に勇気をくれた虎太郎くんにもありがとうを言いたいです。
明日7日(火)のすぽると(フジテレビ)のベースボールルネッサンスというコーナーでこの始球式の様子などが放送されますのでよかったら見てください。



2007.08.06 Monday  固定リンク  trackbacks(14)


  New Entries


Back Number


Other


メッセージ|藤川球児オフィシャルウェブサイトは Tigers-net.com のブログ(blog)サービス「T-Blog(てぃぶろぐ)」で運営しています。Tigers-net.com 会員なら無料で、会員でない方も月額315円のダイヤルアップコースにお申込いただくとT-Blogをご利用できます。
supported by タイガースネット.コム
 
Copyright(c) Kyuji Fujikawa official website all rights reserved.